企業情報

企業情報

社長挨拶 | 経営理念 | 会社概要 | 沿革

社長挨拶

代表取締役 小山均弊社は第二次世界大戦の痛手も癒えぬ昭和24年の建国記念日に、産業の都、大阪に産声を上げました。
戦後日本の復興を目指す多くの企業の1つとして工業用オイルバーナと工業炉の設計製作販売を開始いたしました。国土の復興とともに工業加熱、暖房、給湯、空調等様々な需要へ向け製品開発を行い、技術を蓄積し、販路を広げて参りました。
2011年に発生した未曾有の大震災、原発事故、そして長引く不況等、私たち日本人の置かれた状況は、まさに先の大戦に匹敵すると申しましても過言ではありません。しかし、いかなる状況にあってもエネルギーの有効利用は燃焼装置の製造を生業とする弊社の使命です。
私たちコロナ株式会社は、様々なお客様のご要望にお応えし、より一層の安全性と信頼性を持つ製品とサービスのご提供を目指します。

コロナ株式会社
代表取締役 小山均

経営理念

市場の様々な需要と要望に見合い、環境に優しく、かつ経済性の高い商品を、弊社社訓の精神に則りご提供いたします。 
壮烈な闘志:何事にも、まずチャレンジします!
尖敏な技術:不可能を可能にする技術を磨きます!
豪快な計画:目指す目標に必ず到達する計画の立案をし実現します!
頑強な団結:社員全員が社業に誇りを持ち一丸となって業務を進めます!
執拗な努力:困難や問題にぶつかっても必ず解決する努力を続けます!

会社概要

商 号 コロナ株式会社
商 標 商標登録番号2673683 2718450
創業年月日 昭和 24年 2月 11日
設立年月日 昭和 32年 6月 1日
所在地
本社及び工場
〒555-0021 大阪府大阪市西淀川区歌島2丁目5-43
電話番号 06-6471-8141(代) FAX 06-6471-5826
FAX 06-6471-5826
資本金 5,000万円
営業品目 油バーナ ガスバーナ 熱交換機
役 員 代表取締役 会長  小山 百合子
代表取締役 社長  小山 均
取締役 統括本部長 林 美代次
加入団体名 日本バーナ製造協会 西淀川工業会
工業所有権 特許登録番号
129150 、135689、1608531、1693299、1879236、2561382
実用新案登録番号
906063、915983 、920254、960359、1083114
主なる納入先 大同興業㈱、ジョンソンボイラ㈱、三井造船環境エンジニアリング㈱、
綜研テクニックス㈱、熱研産業㈱、住友環境エンジニアリング㈱、
㈱太陽、井原築炉工業㈱、ホクネツ㈱、㈱南出キカイ、
光瑋企業有限公司、他(順不同)

沿革

昭和24年 2月 創業者 小山 勇が関西重油炉製作所を大阪市西淀川区佃1丁目68番地に於いて創立。
工業用オイルバーナおよび工業炉の設計、製作、販売を開始する。商標をコロナとする。
コロナとは太陽や月の周囲に見える光環、またイタリア語では、王冠を意味する。
昭和32年 6月 関西重油炉製作所を法人に改め、株式会社 関西重油炉製作所を設立する。
昭和33年 4月 大阪市西淀川区花川北之町50番地に本社および工場を移転する。
熱風発生機「コロナ ホットコーナ」を開発し、製造販売を開始する。
昭和38年 9月 メカニカルガンバーナ(パッケージタイプオイルバーナ)を開発し製造販売を開始する。
家庭用小型温水器、農業用乾燥機に好評を得る。
昭和44年 2月 東京都板橋区に東京出張所を設置し、東日本地域の営業強化を行う。
昭和44年11月 大阪市西淀川区歌島2丁目5番43号に本社及び工場を移転する。
昭和46年11月 パワガスバーナ(パッケージタイプガスバーナ)を開発し製造販売を開始する。
業務用温水器、各種工業用乾燥設備等に好評を得る。
昭和47年 2月 商号をコロナ株式会社に変更する。
昭和48年10月 超音波オイルバーナ(二流体噴霧オイルバーナ)を開発し製造販売を開始する。
使用する噴霧空気消費が非常に少なく省エネルギー性が好評を得る。
昭和49年 8月 ドイツ ガステクニック社のガスバーナ用電磁遮断弁の日本代理店となりパワガスバーナに使用を開始する。
昭和51年 韓国の家庭用温水器、温風暖房機、農業用乾燥機等のメーカーに輸出を開始する。
昭和53年 中華民国台湾省のBURNING ENTERPRISESと販売代理店契約を結び、台湾の他、東南アジアへの輸出を本格化する。
昭和62年 韓国の需要増加に伴い現地顧客の要望を受け韓国京機道安山市に韓国コロナ株式会社を設立する。小型オイルバーナの生産を開始する。
昭和63年 3月 イタリア ジュリアニアネロ社のガス用ガバナとフィルタをパワガスバーナの標準仕様とする。
平成元年 3月 窒素酸化物の排出を低減した低NOxバーナを空調用、蒸気ボイラ用に開発し製造販売を開始する。
平成5年 長年の環境保全、エネルギーの有効活用に寄与する製品作りが認められ、小山 勇が黄綬褒章を受章する。
平成7年 1月 阪神淡路大震災。ボランティア団体の風呂作りに協力し小型ボイラとメカニカルガンバーナを提供する。神戸市灘区の避難所で活用される。
平成8年 2月 中華人民共和国安徽省銅陵市の金陵銅業有限公司の銅精錬プラントに超音波バーナUMシリーズ 250L/h~1000L/h各種と関連燃焼用設備を納入する。
平成10年 5月 韓国コロナ株式会社を空調機器製造メーカー慶元世紀社に譲渡し技術供与契約を結ぶ。
平成10年 8月 東京出張所を閉所し、本社営業に集約する。
平成11年10月 創業者 小山 勇死去 取締役工場長 林美代次が代表取締役に就任する。
平成13年 7月 北海道方面の融雪機向けにガンタイプオイルバーナを供給し好評を得る。
平成17年 某食品機械メーカーに、ベーカリーオーブン用にMシリーズを納入開始する。
平成20年 6月 取締役総務部長 小山百合子が代表取締役に就任する。
平成22年 6月 取締役専務 小山 均が代表取締役に就任する。
平成23年 1月 インドネシア共和国 KALDEN社とインドネシア共和国内の販売代理店契約を結ぶ。
平成23年 4月 マレーシア NASMECH社に炭化装置用ガスバーナ、オイルバーナを輸出開始。 
平成23年 6月 パワガスバーナ全機種を新JIS基準に合致した仕様に変更する。
平成23年 8月 パワガスバーナUシリーズを新JIS基準適合のシンプルタイプバーナとしてリニューアルし販売開始する。

コロナ株式会社

コロナ株式会社